げんきを出す女性と薬を飲む女性
  • ホーム
  • 低用量ピルは変更可能?そのタイミングは?

低用量ピルは変更可能?そのタイミングは?

日本では避妊といえばコンドームという風潮が強くあります。
とはいえ、コンドームは男性主体の避妊具です。
でも万が一妊娠してしまって困るのは女性の側です。
それに、たとえ付けてもらえたとしても、破れていたり上手く付けられていなかったりする場合も多く、避妊率はそれほどまで高くはないのです。
おすすめはやはりピルです。

低用量ピルは、女性ホルモンが含まれており、毎日1回服用することで排卵抑制・子宮内膜増殖抑制できるものです。
正しく服用すればほぼ100パーセント避妊できるため、望まない妊娠を避けるためにも初潮を迎えてから閉経まで使っていただきたい薬です。

ただ、低用量ピルと言っても、実はさまざまなメーカーからさまざまな種類が発売されており、1種類だけではないのです。
有名難はトリキュラーなどですが、その他にもあります。
女性ホルモンの成分のうち、卵胞ホルモンはどれもエチニルエストラジオールが含まれていますが、黄体ホルモンの方はノルエチステロンやデソゲストレル・レボノルゲストレル・ドロスピレノンなどさまざまです。
同じホルモンを配合していてもその配合量もそれぞれに違います。
トリキュラーでもトリキュラー錠21やトリキュラー錠28などあるのはそのためです。
それぞれに飲み合わせ・相性というのがあります。
もしも合わないと感じたら医師に相談してみてください。
閉経までずっと同じものを飲み続けなければならないわけではなく、変更可能なのです。

ただし、最初から違和感なく受け入れられる方もいる反面、どんなピルであっても体調に悪影響が与えられてしまうという方は多いです。
マイナートラブルと呼ばれる副作用で軽度のつわりや不安感・不正性器出血・消退出血・4時間以内の嘔吐感・乳房の張り・めまいなどです。
ホルモンバランスが崩れるためしょうがないのです。
とはいえ大抵の方は2ヶ月から3ヶ月程度で悪影響も落ち着きます。
よっぽど症状が重いのならまだしも、ある程度までなら2シートは続けてから、別のシートに変えるようにしましょう。

つわりや乳房の張りは薬が合わない証拠?

生理前にイライラしたりおなかの痛みがあったりという方もいますが、これもホルモンバランスが崩れることによるマイナートラブルの一つです。
生理前の症状と同じように、低用量ピルを服用したことで起こる症状も人それぞれです。
吐き気など軽度のつわり・不安感・不正性器出血・消退出血・4時間以内の嘔吐・乳房の張り以外にも自分だけの症状を感じることもあります。
ただし、副作用の確率は20パーセント以下と言われるためほとんどの人は何事もなく受け入れられるはずです。
それに、服用を続ける中で体もホルモンに慣れていくため、症状が少しずつ軽くなっていくはずです。
決して薬が合わないということではなく、それだけ体に影響を与えられていることの証拠ですから気にせず使用しましょう。

ただし、人によって症状の程度は異なります。
どうしても耐えられないのであれば早めに医療機関を受診し、違った低用量ピルに変えるのもいいでしょう。
3種類くらい試した結果、ようやく副作用が出ない自分に合うものを見つけ出せたという方もいるため、無理しすぎないようにしましょう。

場合によっては呼吸困難など血栓症の初期症状を感じることもあります。
とはいえそれは10万人に1人程度の割合です。
服用を完全にやめてしまうと避妊の効果はなくなってしまいます。
今は妊娠を望まないという時期であれば、ある程度までの副作用はうまく折り合いをつけて付き合っていくようにし、それが無理なら違う種類にすぐに替えてもらうようにしてずっと服用を続けましょう。
たとえ決まったパートナーがいないという方であっても性犯罪に巻き込まれる可能性は常にあります。
自身の体を守るためにもピルをうまく利用してください。