げんきを出す女性と薬を飲む女性
  • ホーム
  • 低用量ピルの副作用を検証する

低用量ピルの副作用を検証する

避妊するために低用量ピルを服用する人は少なくないでしょう。
低用量ピルの効果はこの薬を服用することで体内のホルモンバランスが妊娠時と同じ状態となるので避妊薬としての役割があると共に、このホルモンバランスを調整する作用から生理不順を軽減してくれる働きがあります。
低用量ピルに配合されているのは卵巣ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンです。
このホルモンが増大すると女性の体では妊娠しているという情報が脳に伝えられるため、排卵が停止して受精できなくなり、生理すらも起きなくなるという仕組みです。

またこの薬には子宮や卵巣といった女性特有の器官の病気のリスクを下げる効果もあるため、低用量ピルであるルナベルは避妊よりも生理不順の回復薬として使われています。
このように女性にとってはとても有り難い効果を持っているのですが、薬である以上、そこには副作用という問題があります。
この薬を飲むと体内にナトリウムや体液が蓄積しやすくなるという傾向があるので、むくみや太ったと感じるかもしれません。

他にも飲み始めの頃は頭痛や吐き気、乳房の張りを感じることや、子宮内に残った子宮内膜が時間をかけて排出されるので不正出血が起きることもあります。
この不正出血は特に珍しいものではなく、一か月程度で自然治癒していきますが、もし一か月過ぎても思わしくない場合は医療機関で診察してもらった方がいいでしょう。
その他の症状は薬を継続して服用することで徐々に改善していきます。
この薬を服用しても効果がでない事例として、薬を服用してから激しい下痢や嘔吐を継続すると薬の成分が体に吸収されなくなります。

また40歳以上の人や肥満の人は心臓の血管に負担をかけるので心筋梗塞になる可能性があり、喫煙者では静脈血栓症を発症してしまうリスクがあるので、服用には注意が必要となります。
この低用量ピルの服用で一番恐ろしいのは血が固まるために引き起こされる静脈血栓症です。
発症率は低いのですが発症してしまうと命に関わってしまうので、安易に服用するのは避けるべきであると言えます。

嬉しい効果が現れる反面危険な兆候も表面化

先に述べたように低用量ピルの副作用で最も恐ろしいのは、喫煙者が服用した場合に血管に血栓が出来てしまう静脈血栓症です。
頭痛や吐き気、乳房の張りはまだ体が薬の成分に慣れていないために引き起こされるので、体が慣れてくればそのような症状も軽くなっていきます。
むくみや太ったような感じは継続するかもしれませんが、それは薬の服用を止めれば治ってしまいます。
40歳以上の人や肥満の人が服用したために起きる心筋梗塞も問題ですが、それよりも喫煙によって引き起こされる静脈血栓症の方が最大のリスクと言えるでしょう。

もちろん喫煙だけが原因ではなく、そこには生活習慣やストレスなどの心因性なものが原因となってしまう場合もあります。
そのために低用量ピルを服用する際には、医療機関から禁煙を要求されるはずです。
それは実例として喫煙者が低用量ピルを服用して静脈血栓症で死亡しているからです。

この静脈血栓症は発症率が極めて低く、静脈血栓症によって死亡するのは10万人に1人と言われています。
その低い発症率のために身近で発症した事例がなければ、自分は大丈夫としてそのまま喫煙を続けてしまうかもしれません。
しかし発症してからでは遅いのです。

誰でも自分の命は大切ですから、喫煙することでそのリスクが軽減できるのであれば、それを実践すべきです。
そしてこの血栓症ですが、ルナベルではその発症例が報告されています。
このルナベルは避妊薬としての効果が低く生理不順の薬として服用する場合が多いので、その服用には特に注意が必要になります。

低用量ピルは妊娠を望まない女性では広く使われています。
注意された事項を守り適量を使用すればリスクの回避はできますが、軽く考えて適量を守らない人もいるでしょう。
しかし人間が本来持っている機能を薬によって阻害するのです。
そこにはデメリットが存在しているというのだけは、常に頭に入れておくべきです。